Chiffon's Story

Our

STORY

福岡県大牟田市。

27年前、かつて炭鉱で栄えたその街に 「オレゴン」 という名の

スパゲティー屋がオープンした。

その独特なログハウスの店構えは

話題を呼び、一躍人気店となった。

だが、オーナーである中川氏はその忙しさ故、病を患ってしまう。

氏は自分の人生を見つめ直し、一つの決断をする。

「自分の目の届くところで            

   しっかりとおもてなしが出来る店を作ろう」

Since

2006

JR大牟田駅、ロータリーの中にその店は誕生した。

黄色い看板が目印で、わずか13坪のその店は

「café chiffon」

と名付けられた。

そして、その下には"おおむたのスパゲティ屋さん"

とも掲げられていた。

 

​そこには、オーナーの

「気軽に入れる、気取らない店を作りたい」

という想いがあった。

あくまでも「パスタ」ではなく日本人に馴染みのある

「スパゲティー」であると。

​やがてその店には

多くの音楽好きが集まることになる。

 

オーナーの音楽好きが高じて、

多くのLIVEが開催された。

毎週水曜の夜にはセッションが行われ、

大牟田の夜を彩った。

 

オーナーの息子達によってギター教室も行われ

その生徒は賞を受賞するまでになった。

 

詳しくは次項で触れるが

新しくオープンするcafé chiffonには

最新の音響機材が導入され

いつでも最高のGigが出来るようになっている。

"最高の料理"

と 

"最高の音楽" 

その2つがここにはある。

Music

Reborn!!

大牟田駅前に「café chiffon」がオープンして10年。

その記念の年に"chiffon"は

【大牟田市立病院前】という

新天地にて​新たな時代を築く。

2017.01

Grand reopen!